費用が高くても医学部の予備校をイチ押しするワケとは?

医学部専門予備校のメリット

何が何でも医学部に入学しなければならない事情がある家庭も存在医学部専門予備校のメリット親が側にいない、というのは決してマイナスではない

なので、基本的にはよくある話のように、途中で講義に出なくなったり新しくできた友達に振り回されて受験勉強をしなくなる、などといったことが起こりにくくなります。
専門をうたっているようなところは、生徒ひとりひとりをしっかりと把握しているため、講義に出なくなった段階で徹底的にその生徒と向き合い、理由を探り改善に導くといったことを行っているからです。
それに新しくできた友達は、みんな自分と同じく目標を持って臨んでいるため、良い意味でのライバル意識がありますよね。
時々の息抜きはあるかもしれませんが、講義を抜けて遊びに行くようなことは起らないと考えても良いでしょう。
医学部専門予備校のメリットは、それだけではありません。
寮の設備があるところなら、なおさらそのメリットは高くなります。
わざわざ自宅から通う必要がないため、満員の通勤電車に乗るということもありません。
ラッシュの電車は、思っているよりもずっと体力を消耗するものですよね。
それに、通学の時間が節約出来るというのも大きな利点です。
寮から歩いて通える環境ならば、疲労を溜めることなく時間を浪費する心配もありません。
それに、自宅で受験勉強をするとなると、さまざまな誘惑もありますよね。
スマホやPCは言うまでもなく、マンガだって読み放題です。
でも、寮ならばしっかりと管理されていますから、そんな心配は無用です。
それどころか、自習室にはいつも講師が在駐しているので、講義で理解出来なかった部分をすぐに質問することが可能になります。

掟25.ベンゼンからサリチル酸の誘導体や p-ヒドロキシアゾベンゼンを合成する流れは全てすぐに書けるように練習しておくべし。
https://t.co/3OPPG1mdGG

— レクサス教育センター 有機化学のオキテ (@lexus_chemical) 2019年12月6日